Miracle-Voice

プロのボイストレーナーが『歌』についていろいろ書いてます♪

歌唱力を上達させるための『腹筋』の鍛え方

      2015/11/16

 

「腹式呼吸でしっかり声を出す為には、腹筋を鍛えればいいですか?」

よくある質問です。

 

でもね、腹筋と言っても、ただ座って起き上がるのではなく、正しい姿勢でやらないと逆に腰を痛めてしまうことにもなります。

 

おまけに、毎日腹筋100回出来ますか?・・・できませんよね。私には無理です。(笑)

 

今まで何度も腹式呼吸や、正しい姿勢などについては書いて来ましたけれど、やはり声を出す時に一番意識をして欲しいのが「腹筋」です。

 

ですが、腹筋に筋力を付けたからと言って、確実に声をうまくだせるようにはなりません。

その腹筋の使い方というものを知るべきなのです。

 

 

一番簡単に出来る!歌う為の腹筋トレーニング法

 

驚くなかれ・・・それは・・・「スーパーでの買い物」なんです!!!

 

みなさん、スーパーマーケットにはどのように行きますか?

車を運転して行く人、自転車で行く人、歩いて行く人・・・様々だと思うのですが、どれが一番健康にいいと思いますか??

 

もちろん、「歩いて行く」ですよね。

 

この理由は明らかにお分かりかと思いますが、エスカレーターに乗るよりも、階段を使う。

という感覚と同じく、どこに行くにしても、何をするにしても、身体を動かす方がいいということですね。

 

さて、これが一体どのように「うまく声を出す為の簡単トレーニング」となるのでしょうか。

 

お買い物で簡単トレーニング!

 

まず、歩いてスーパーに買い物に行きましょうか。

 

腹筋を100回は出来なくても、買い物になら簡単に行けますよね。

そしてスーパーに入ると、目の前にかごとショッピングカートがありますが、あなたはどうしますか?

 

あらかじめ、多く買い物をするという予定であれば、カートを使わないと重くて大変なのはわかります。

でも、買いすぎると歩いては帰れないわけですよね。

 

今回の設定は「歩いての買い物」な訳なので、まずここではカートではなく、かごだけを手にして買い物をスタートさせます。

 

ここでのポイントは「かごの重さ」

 

かごを持ち歩いて買い物をすると、今抱えている重さの物を持って歩いて帰らなければならないので、あんまり重くなると大変だと自分で気付けるんですね。

 

無駄遣いを防ぐ事にもなって、一石二鳥です。(笑)

 

お野菜、お豆腐、お肉、ドレッシング、ヨーグルト、牛乳、ジュース、パン、スナック菓子・・・など、かごの中身がある程度の重さになった時点でレジに向かいます。

 

お金を払って手持ちのバッグまたはレジ袋に商品を詰めますね。

 

そこで・・・「ちょっと待った!!」

 

ここからが一番大事なのです。

 

バランスに注意!

 

あなたはこれから歩いて帰りますね。

なので右手と左手、両方に同じ重さがかかるように、2つにわけてほしいのです。

 

手提げバッグであれば、同じ大きさのものでないと、持ち運びに大変なので注意してください。

 

レジ袋を2つもらい、左右に分けて同じ重さになるように考えて入れて行きましょう。

 

右の袋に牛乳を入れたら、左の袋にドレッシングとお豆腐、と言った感じです。

完璧に同じ重さにするというのは無理なのですが、要するに、均等に近い重さになるように仕分けすればいいわけですね。

 

そして、それを持って外に出ましょう。

 

今、あなたはどんな状態でそのレジ袋を持っていますか?

①左手、または右手の片方だけで2つとも持っている。
②肩に下げて持っている。
③腕に通して、下げている。
④左手、右手に、1つずつ持っている。

 

ここでの正解は・・・④です。

 

①左手、または右手の片方だけで2つとも持っている

 

このパターンでよく荷物を持ってしまう人は、どちらか片方だけに力がかかりやすくなっている状態。

つまり身体の姿勢のゆがみがあることが多いです。

 

左手では重いものを長時間持っても平気だけど、右手では無理、と言った人は特にそうなりますね。

 

片手だけで重い物を持っているので、うまく歩く為に、重いものを持っていない方の体重を中心から移動させて、バランスを無理矢理取ろうとしてしまうために、身体にゆがみが生じる、というわけです。

 

これでは、歌う時の腹筋はおろか、ステージに立ったときの姿勢まで悪くなってしまうので×。

 

②肩に下げて持っている

 

肩に下げてしまうと、身体全体で重さを受け止めてしまう感じになる為、重みを感じにくくなります。

しかし、ここでも①と同様、身体の重心を変えてバランスを取ってしまうために、身体にゆがみが生じます。

荷物を持つ事は楽でも、姿勢にはよくありません。

 

③腕に通して、下げている

 

腕に通してしまうのは、いわゆる「女子のバッグの持ち方」ですね。

 

これも、左右平等の重さをかけるのであればまだいいのですが、腕に掛けてしまう事で、実は腹筋に負荷を感じにくくなる
んですね。残念!

 

④左手、右手に、1つずつ持っている

 

両手に同じ負荷をかけ、その負荷を感じながら歩く。

それによって、歌う時の音の重さをつかむ、という感覚をつかんでもらうことができるようになります。

 

これが正解なのは、実際試して頂ければ分かりますので、是非とも何か均等の重さの物を2つ用意してやってみてくださいね。

 

実際にやってみよう

 

ポイントは、両手に持った時の腕の状態です。

 

両手をだらんと垂れ下げた状態で持っていると、もちろん重みは十分かかるのですが、歌う時を意識出来る腹筋の感覚は得られません。

 

なので、少しだけ肘を曲げてみましょう。

 

かなりの力が腹筋にかかりませんか?

 

そうなんです、肘を曲げて少しその荷物の位置を高くしてあげることで、重みがさらに加わる形となり、腹筋に働きかけてくれる、というわけです。

 

また、もうひとつ。

 

これにプラスして、背筋も意識が出来るトレーニングをやってみましょう。

 

今持っている荷物は、きっと、身体の前か横にあると思います。

 

それを、荷物を持ったまま、ぐっと後ろに反らしてみましょう。

身体の少し後ろ側へ、腕を伸ばすような感じです。

 

すると、今まで腹筋と腕の内側に筋肉の張りを感じていたのが、今度は腕の外側、肩、脇腹、背筋付近へと変わるのが感じられるかと思います。

 

いつも腹筋、腹筋と書いていますが、もちろん腹筋だけで声を出している訳ではありません。

 

背筋の存在も、しっかりあるわけですね。

 

タイトルに書いた、「簡単にうまく声を出せるようになる!身体のゆがみをも改善出来る、簡単トレーニング」実はこれなんです。

 

歌を歌うときには「前に重心がかかっていて、腹筋を使う」という状態。

 

なので、歩いてスーパーマーケットに行って買い物をし、それを実際に持って歩いて家に帰るということは、その重みの負荷を腹筋にかけて、しっかり呼吸をしながら歩かなければなりません。

 

まとめ

 

まさに『歌を歌っている感覚を無理矢理作り出している状態にしてしまう』ということになるのです。

 

腕の曲げ方1つ、袋の持ち方1つで、腹筋への負荷が変わります。

 

注意して欲しいのは、かならず少し肘を曲げて持つ、ということ。

重さに負けて、身体を反らしてしまうと意味がありません。

歩いている時に疲れて来たら、せめて重心を前に、ということだけでも意識をしてください。

 

または、背筋、腕の筋肉の張りを感じて、後ろに荷物の重心をずらしてみる。・・・そんなふうに、いろいろ持ち方や持つ場所を変えながら歩いてみてください。

 

最初は軽い物から始めてみましょう。

たとえ牛乳1本ずつでも、意識して肘を曲げて負荷をかけると、けっこうな重さを感じるはずですよ。

エクササイズにもなって、姿勢も正しくなり、身体のゆがみにも気付ける。

 

さあ、あなたも今日から、荷物を持つ時には注意してみてください。

簡単な事ですが、ほんの少しの意識だけで、確実に身につく簡単トレーニング。是非やってみてください!

 

 

 

 - ボイストレーニング, 腹式呼吸