Miracle-Voice

プロのボイストレーナーが『歌』についていろいろ書いてます♪

カラオケ上達の基本!声の響き方を理解しよう

      2015/10/29

 

いちばん出る低音からいちばん出る高音まで、目一杯出る範囲の音のことを「音域」と言います。

 

この音域は、人によって違います。その出る音の高さの響き方も全く異なります。

この音の響きを見つけて行きましょう。

 

声の響く場所と響き方

 

声は「声帯」と呼ばれる粘膜の振動によって生まれます。

この声帯は、脳の指令によって自由自在に動く事が出来るカーテンのようなもの。

 

音の高低によって、カーテンのひだを伸ばしたり縮めたりして音の高さを調整し、カーテンの隙間を大きく広げたり閉じたりすることで、そのカーテンの隙間を通る空気の量をコントロールしたりします。

 

つまり、強い風が吹けばカーテンは大きくなびき、弱い風が吹けばカーテンは静かになびく。

そのなびき具合を振動と例えます。

 

このカーテンのひだの幅や開き方によっておこるカーテンのなびき方、つまり、その振動を身体が感じることになると言う訳ですね。

 

では、その声帯カーテンの様子と、振動との関係を説明して行きましょう。

まず、胸にやさしく手を当てて「あー」と声を出してみてください。

 

①普通の声での響きかた

 

無理のない普段の声で行ってください。

胸に添えている手に、振動が伝わり、胸がしっかり響くのが感じられると思います。

 

声帯、すなわちカーテンが半分くらい閉じていて、半分の密接したカーテンがこすれ合ってなびいている状態。

 

そのこすれ合っている振動が胸に伝わっている、ということです。

 

②低い声での響き方(低音)

 

低い声で同じように声を「あーー」と出してみます。

先ほどの①(話し声くらいの高さの声)と比べると、その響き方や響く場所はどうでしょうか?

 

どちらがよく響きますか?

A:①自然な話し声くらいの高さの声の方が強く響くように感じる
B:②低音の方がよく響くように感じる
C:どちらも変わらない

正解は???

 

「B」なんです。

 

低音の場合、声帯のカーテンのひだの幅が広がって、しっかりカーテンが閉じます。

そのぶん、カーテン同士がこすれ合う面積が多いのでよく響くのです。

 

ですが、カーテンは閉じているので空気の通る隙間は少い。

 

そのため隙間を通過する力は全く必要ありません。

少しの空気で、カーテンがバタバタなびいている感じ。

 

そして響く場所も、①の声より少し低く、奥まった位置で響く感じがすると思います。

 

③ファルセット(裏声)での響き方

 

では、今度はもう一度胸に手を当てて「あーーー」とファルセット(裏声)を出してみましょう。

先ほどと比べてみてどうでしたか?どちらがよく響きますか?

A:①自然な話し声くらいの高さの声の方が強く響くように感じる
B:②低音の方がよく響くように感じる
C:どちらも変わらない
D:全く響く感じがしない

正解は???

 

「D:全く響く感じがしない」なんです!!!

 

ファルセット(裏声)の場合は、声帯、つまりカーテンが全開で開いている感じなのです。

 

カーテンが全開で開いているから、風通りが非常にいい。

だからファルセットを使うには、たくさんの空気を必要とします。

 

その空気だけでカーテンがしっかりなびくため、カーテンがこすれ合わさる必要がない訳です。こすれ合わさる面積がなければ、振動はない。というわけですね。

 

まとめ

 

声は、声を出す高さ・種類によって、声帯の形を変え、空気の量を変えて出てきます。

しかし、その声帯の動きだけでは声は出ません。

 

声は、腹筋で空気を押し出して声帯を通過させる時に出来る。と以前もお伝えしましたが、結局その空気を押し出すのに一番必要なのは「腹式呼吸」なのです。

 

だから、きちんとした歌い方をするには、基礎中の基礎でもある「腹式呼吸」をきちんと理解すること、であるわけですね。

 

その腹式呼吸でもたらされる空気をうまく使い分けて、いい声を出す。

結局は腹筋のなせるわざ、と言えるのかもしれません。

ボイストレーニング-腹式呼吸マスターを目指して-

 

 

 

 - ボイストレーニング, カラオケ