Miracle-Voice

プロのボイストレーナーが『歌』についていろいろ書いてます♪

飲み物でも声が変わる!?歌う時に気をつけたい『声を出す』のに良い飲み物と悪い飲み物

      2016/01/04

 

「歌うときってどんなものを飲めばいいですか?」

「何を飲んだら声が出やすくなりますか?」

 

これはよく受ける質問です。みなさんどう思われますか?

 

お水? お茶? ウーロン茶? ジュース? 牛乳? 炭酸飲料? ビール?

 

歌うときにベストな飲み物

 

『歌う前のウォーミングアップ』の記事で「ストレッチ」を紹介しましたが、身体を温めることで声が出やすくなると書きました。

 

これで何となく想像がつくかもしれませんね。

 

答えは「少し温かい飲み物」なんです。

 

一番ベストなのは・・・

 

常温または人肌に温めたぬるめのお湯。

 

歌う時は、お水を常に用意しておきましょう。

 

カラオケボックスなどで注文する時は、「氷抜き」で注文しましょう。

 

「お湯」をお願いするのも手です。

そしてさらに、このぬるめのお湯にハチミツを加えるとさらにGood!!!ハチミツは喉を潤してくれる特効薬。

 

でも、ハチミツレモンはNG。

柑橘系、特にレモンは喉に刺激を与えてしまうので、逆効果になってしまいます。

 

歌う前は喉を保護する事が大事になってくるのですね。

 

 

 

歌う前、歌う時に飲まない方がいいもの

 

冷たい飲み物は全般的にNGです。

冷たいと、身体が冷えて喉を固くしてしまうので逆効果なんです。

 

●緑茶

 

お茶の粉が喉にまとわりつくと、喉がイガイガして咳きこんでしまう原因になります。

温かい緑茶でもNG。

 

●ウーロン茶

 

ウーロン茶は、油料理との相性が抜群というだけあって、喉の油分を取り去ってしまいます。

なので緑茶と同様、温かくてもNG。

 

●ジュース

 

ジュースと言えば果物。

柑橘系のオレンジ、グレープフルーツなどは喉に刺激を与えてしまうので、美味しいけれどNG。

 

●牛乳

 

喉が滑らかになりそうな気がしますが、実は全く逆。

喉に引っかかってしまいがちなのでNG。

 

●炭酸飲料

 

のどごしがいいので、歌うのには効果的か?と思いきや、実はこれもNG。

 

炭酸でお腹がふくれてしまい、げっぷが出やすくなる上にお腹に力が入りにくくなるのです。歌っている途中にげっぷが出てしまわないように、気をつけましょう!

 

●ビール

 

アルコールが入ると、確かに声がよく出て歌いやすくなります。

 

これはアルコールで身体が温まり、気分がハイになるからなんです。

いつも以上に力んで声を出してしまう事で、喉に負担がかかり、後々声がガラガラに・・・なんてことにもなりかねません。

 

アルコールは、ほどほどに!

 

まとめ

 

のどを保護するとは?

と、書くと『のど飴』が真っ先に浮かんでくる人は多いのではないでしょうか?

 

確かに、のどを保護する事に関して言えば、のど飴は有効な手段の一つです。が・・・

歌う前にのど飴を使ってしまうと、のどの粘膜が強くなりすぎて、かえって良くない場合もあるのです。

 

歌う前(声を使う前)歌う時(声を使う時)は、軽く喉を温めて、適度な潤いを持たせる。

それには、『ぬるま湯』が最適なわけです。

 

ぬるま湯と一緒に『ウタウマッ!』を使うのもおすすめ。

ウタウマの詳細はコチラ

 

というのも『ウタウマッ!』は、のどを適度に潤して保護する成分も配合されているから。歌う(声を使う)前や、後にはピッタリの商品ですね。

bana8

 

 

 - ボイストレーニング