Miracle-Voice

プロのボイストレーナーが『歌』についていろいろ書いてます♪

歌が上手いものまねタレントの秘密はココにあった!?

   

 

2016年、新年あけましておめでとうございます。

みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか。

仕事と忘年会疲れで、テレビを見ながら酒を飲んで、おせちを食べて・・・という方も多かったのではないでしょうか?

 

日本のお正月、多いテレビ番組のひとつに「歌まね対決」があると思うのですが、ついつい見てしまうんですよねー。

歌まねをする人って、本当にすごいと思いませんか?

全く別の骨格、声をしているのに、あんなにいろんな人の声や歌い方を真似出来るなんて。ほんと、圧巻ですよね。

 

 

さて、今回のお話はこの「歌ものまね」についてですが、実はこの歌ものまね、見方をちょっと変えるとすごい発見があるんですよ。

 

歌モノマネの極意!?

 

まず、歌ものまねにはなくてはならない、コロッケさんや、栗田貫一さんなどの大御所アーティストさんをよく聞いてみて欲しいのです。

うまいですよね、ポイントをうまくついていて、そっくりで、笑わせてくれますよね。

でも見て欲しいのはそこではないんです。

 

まず、この大御所2人がモノマネをしている時、彼らの音程の高さを聞いて頂きたいのです。

音程を外してしまうほど高い音を出して歌って笑わせていますが、これ、実際の「あるある」なんです。高い音程で歌うということは、ピッチを高く歌う、ということ。

特にビブラートのかかる語尾の母音部分。ここの音の高さを、音を外さない程度に若干高めにすることを「ピッチを高くする」と言いますが、洋楽的にはピッチが高いのが当たり前とされています。ですが日本人には、なかなか難しい歌い方でもあるのです。

 

ピッチを高く歌う

これをきっちり行っているのが、唯一演歌歌手の方々とオペラ歌手の方々ですね。

オペラとなってしまうと、カラオケに入っているものもほぼありませんし、あまり一般的ではないので、あえて演歌歌手の方のことを語らせてもらいますが・・・

 

安定した音の高さに、演歌歌手の方は素晴らしいと毎回思わされます。

 

さて、そんな「すでにピッチの高い音程で歌っている演歌歌手」のモノマネをしている、コロッケさんや、栗田貫一さん達、モノマネタレントの皆さんは、それよりも一層高い音程で歌っているんですよね。

それほど大げさに表現することで、見事に笑いを取っているわけですが、これは本当にすごい技でもある訳です。

ピッチを高く取る、ピッチを高く歌う、これは歌い手に取ってはとても難しい事であり、ひとつの技でもある訳です。

 

また、そのピッチの高さに載せた見事なビブラート。

大げさなまでの、大きな波のあるビブラートですが、これも大げさに表現されている事で、見事に「歌のうまさ」を表しているのです。

 

歌モノマネの番組を見る時には、是非、今までとは違った見方をして、是非とも吸収してみてくださいね!

 - ボイストレーニング, カラオケ