Miracle-Voice

プロのボイストレーナーが『歌』についていろいろ書いてます♪

カラオケ上達のための基礎知識!?『声』ってなんだ?

      2015/10/29

歌を歌うためには『声』が必要です。

その『声』を出すとはどういうことか考えてみましょう。

 

『声』を理解することで、『歌う』事についてもっと理解が深まると思います。

 

声とはなんだろう?

 

まず鼻か口から空気を吸います。
その空気は喉を伝って、肺に入って行きます。

 

そして肺から空気が押し出されて、声帯という粘膜のカーテンをくぐり抜けます。
この瞬間に「音」が生まれます。

 

そう、粘膜を通り抜けて音になるのは、空気が肺から押し出される時だけ。
でないと、空気を吸うたびに音が出てぴーぴーうるさくなってしまいますよね。

 

そして喉から口と鼻に入って来る時に、脳から言葉や音程の指令が降ります。

 

音程の作られ方

 

「音程」は腹筋の力と、肺からの空気の量とのバランスと、鼻の中、口の中の圧力と指令がマッチして作り上げられます。

 

そして「言葉」は口の中で言葉を作る為の形作りが行われて、口を開けた瞬間に脳の指令と一致して「声」になる。これが「声」の作られ方です。

 

改めて考えると、人が歌を歌うということは簡単なようで、とても神秘的な作業の組み合わせによって行われているんですね。

 

本当に素晴らしい事です。

 

声の重さ?

 

そして「声」とはもっと分かりやすく言えば、ちょっとした「おもり」です。

 

口の中からそのおもりを外に向かって飛ばす事で、「声」が出ます。

 

そしてそのおもりを飛ばすためには、口の中に手を突っ込んで、声をつかんで放り投げる・・・なーんてわけではありませんね。(笑)

 

そう、声は目には見えないから、手でつかむ事は出来ません。

 

もっとわかりやすく言えば、掃除をしたくなるあの「ホコリ」を例にしてみましょう。

 

このホコリ。軽いホコリであれば、少し空気を吹き出すだけでふわふわ飛びますね。

 

ですが、長年そこにいて固まってしまった重いホコリは、思いっきり吹き飛ばさないと飛ばないと思うのです。

 

そう、この「軽く飛ばすホコリ」は「軽く柔らかい声」であり、「強く吹き飛ばさなければならない固くて重いホコリ」とは「強くて大きく出す声」なのです。

 

吹き飛ばすには、腹筋が必要です。

 

歌を歌うためにはいろんな『声』を使うことが大切!

 

歌を歌うには、全てが柔らかい声だけではありません。

 

時にこの大きくて力強い声も出さなければなりません。

 

そんないろんな声を出すには、やはり正しい腹式呼吸と言うものを知って、腹筋を最大限に使いこなせるようになることが大切です。

「腹式呼吸」になってない!?上手く歌えない人の原因は呼吸法にある

 

そうすることで喉や肩に力は入らず、もっと身体がリラックス出来て声を最大限に、そしてよりスムーズに出せるようになり、何よりも気持ちよく出せるようになります。

 

 

 - ボイストレーニング, カラオケ