Miracle-Voice

プロのボイストレーナーが『歌』についていろいろ書いてます♪

カラオケで歌が上手くなるための練習法の基本

      2015/10/22

 

頻繁にカラオケボックスに通って、ひたすら練習すればレベルは上がるし発声のために必要な筋肉も発達していきます。

上手くなれば、アカペラでもリズムに乗って歌えるようになって楽しく歌うことが出来ます。

 

腹式発声を意識する。

 

カラオケで歌が上手くなるためには、正しい発声方法を覚えることが欠かせません。

 

腹式発声のコツが分かれば、声の出し方もかなり違ってきます。
逆に腹式発声ができない場合は、力強いパフォーマンスをすることができず、肺にも余計な負担をかけることになります。

 

腹式発声をするためには、正しい方法に従ってボイストレーニングをすると効果的です。

http://utauma.club/hukusiki/

 

腹式発声ができるようになれば声量が豊富になるため、長い曲でも最後まで力強く歌えるようになります。

 

また大胆な発声をするためには、恥ずかしい気持ちでは駄目です。
表情を明るくして、快活な気持ちで歌うようにすれば普段眠っている能力が引き出されるかもですよ。

 

 メトロノームでテンポを掴む

 

音楽のテンポについていけない場合は、発声を上手にしても失敗してしまいます。

 

テンポに慣れることは簡単ではありませんが、慣れるしかありません。
最初はゆっくりとしたテンポの曲で練習して、徐々にテンポが激しい曲に挑戦していけばうまくいきます。

 

テンポに慣れさせるために、メトロノームを活用することも有効です。

 

プロの人が観客の前でメトロノームを使うわけにはいきませんが、初心者は恥ずかしがらずにメトロノームの助けも得て、上達への道を目指すことが大切です。

 

 プロの曲を何度も聞いて音程をマスター

 

音程がおかしくて上手に歌えないことも多いのが現実です。
カラオケが上手くなるためには、正しい音程で声を発することが極めて大切です。

 

ボイストレーニングをして十分な声量が出るようになっても、音程が悪いようでは困ったことになります。
音程を良くするためには、見本となる曲を聴いて、プロのを真似ることも有効です。

 

聴くだけで覚えられるものかと思う場合もありますが、リスニングの方法と同じで見本を聴くことで正しい音程や発音の仕方までも自然と体が覚えてくれるようになります。

 

見本の曲を聴くことで、テンポの合わせ方までも覚えられます。

 


自宅では、お風呂に入っているときなどに練習をすることも効果的です。

定期的にカラオケ大会に出て結果を出せば、自信もついて人前でも緊張せずにのびのびと歌うことが出来るでしょう。

 - カラオケ