Miracle-Voice

プロのボイストレーナーが『歌』についていろいろ書いてます♪

「腹式呼吸」になってない!?上手く歌えない人の原因は呼吸法にある

      2015/10/29

まずは頭の中の「?」(クエスチョンマーク)を取る為に。

前回の『腹式呼吸と胸式呼吸の違い』で説明しましたが、「胸式呼吸」と「腹式呼吸」はおおまかには理解出来ましたか?

 

実際頭ではイメージ出来ても、身体でそれが出来ないと意味がありません。
では身体を使って、「胸式呼吸」を見つけて行きましょう。

 

「身体を使って胸式呼吸をみつけよう」

 

まずは壁にもたれて立ち、肩幅くらい足を開きます。

 

この時、足のかかとから、お尻、背中、肩、頭までを全て壁にぴったりくっつけて、体重を後ろにかけるようにして、もたれて立ってみてください。

 

手は自然のままで大丈夫です。

 

そして大きく深呼吸してみましょう。

 

息はどこに、どのように入って来ますか?

また、身体の動きはどんな風に感じますか?

 

きっと特別何も意識しなくても、胸が広がって、肩が上がって、あごが前に突き出る感じがして、上半身に大きく力が入るのを感じられると思います。

 

これを「胸式呼吸」と言います。

 

「胸式呼吸」だと上手く歌えない!?

 

上半身が大きく上下することで、首やあごにも力がかかりやすくなり、歌う時に一番苦しい状態になってしまいます。

 

そして、人は緊張すると身体が引っ込んでしまって、重心が後ろにかかります。

 

例えば、人前で話す時。

 

緊張のあまり、右手と右足が同時に出てロボットのように歩いてしまう、なんてこともあるかもしれませんが、これは重心が後ろにかかっているからこそ起きるのです。

 

「おもりを抱えるとすれば?」

 

後ろに重心がかかっていると、重いものも持てませんね。

 

前回の記事でも書きましたが、声というのは「おもり」であるために、それを持ち上げる為に腹筋が必要です。

 

声が「おもり」だとして、

後ろに重心がかかってしまうと、重いものが持てない。=歌を歌うということを考えると、全くマイナスの働きになってしまうのです。

 

「胸式呼吸のまとめ」

・息を吸うと、お腹が引っ込み、胸が広がり、肩が上がる。
・あごが前に突き出る感じがする。
・上半身だけに力が入る
・のどや口に力がかかりやすくなる
・重心が後ろにかかってしまう
・息を吸っているのに苦しい
・しっかり息が吐けない

たくさんの生徒のレッスンをして来ましたが、最初はみんな、この胸式呼吸の状態で歌を歌っている人がほとんどです。

 

「胸式呼吸で歌っている人の特徴」

・声が飛ばない
・声が裏返ってしまう
・声に芯がない
・息づかいが荒い(息を吸いすぎてしまう=息が吐けていない)首、あごが上に上がっている
・首もとに力が入りすぎている
・おでこにしわを寄せている
・重心が後ろにかかっている、または猫背
・靴の底はいつもかかとがすり減ってしまう(日常生活でも重心が後ろにあるということですね)

あなたはここに当てはまっていませんか???

 

 - ボイストレーニング